お歳暮を贈る上での注意点|贈り物に相応しいお歳暮を探そう【人気のプレゼント情報を公開】

お歳暮は相手のことを考えて贈ろう【マナーを事前にチェック】

お歳暮を贈るときに気を付けたい4つのポイント

重要なのは好みを重視すること

お歳暮を贈るときに第一に考える必要があるのが贈る相手に合わせることです。典型的なお歳暮ギフトは多数ありますが、その人気のものを選べば無難と考えるのではなく、相手の好みに合わせて選ぶことが大切になります。

手渡しのときに守りたいお歳暮のマナー

お歳暮を携えていって手渡しするときには基本的なマナーを守る必要があります。予め電話などで連絡をしていつ訪問するかを決めておくことが基本です。また、風呂敷などに包んで渡すときには目の前で取り出すようにしましょう。

贈る時期にも注意が必要

お歳暮は年末頃に贈るものとされていますが、時期にも気をつけることが大切です。あまり年末の遅い時期になると忙しかったり家を留守にしたりしてしまいがちなので、目安として20日前後に渡せるようにすると良いでしょう。

相場に合ったものを選ぶこと

お歳暮としてあまり高価なものを贈ると相手に恐縮させることになり、安価なものを贈ると不快感を与えることになります。相手との関係に応じて相場に合ったものを選ぶことが重要なので、金額を気にかけることも忘れてはなりません。

お歳暮を贈る上での注意点

風呂敷

お歳暮の本来の意味

お歳暮はもともとは歳暮周りから生まれた言葉です。お歳暮そのものは年の暮れのことを指しているものであり、その時期になってお世話になった人にお礼の気持ちを込めて挨拶回りをする習慣がありました。それが歳暮周りであり、その形として残っているのがギフトを贈るというものです。そのため、感謝すべき相手に対してその気持ちを込めて贈ることが重要になります。

通販サイトは会員登録がお得

お歳暮ギフトを購入するときには通販サイトを利用すると便利ですが、会員登録して行うとさらにお得になります。会員割引が適用されることがあるだけでなく、贈り先の住所登録をしておくことで手間なくお歳暮を贈ることができるからです。自宅に配送してもらうときにも情報入力なしに発注できるので会員登録をするに越したことはありません。

手紙を添えると気持ちが伝わる

お歳暮を贈るときには手紙を添えるという心遣いが大切になります。宅配するときだけでなく、手渡しをするときでも一筆を添えるだけで感謝の気持ちがよく伝わるからです。人によっては大事に保管しておいてくれるので気持ちを込めて書きましょう。

広告募集中